ウエディングプランナー メリットとデメリット

ウエディングプランナー 挙式をプロデュース

結婚が決まり挙式を行うことになれば、式の進行や規模、衣装や参列者への招待状の手配など、様々な事柄を予算や日取りを計算しながらプランニングする必要があります。その結婚式をプロデュースして、新郎新婦となるカップルのサポートを行うのがウエディングプランナーの仕事です。

ウエディングプランナーのメリットは、結婚式という人生の中でも大きなイベントを共に作り上げ特別な一日に立ち会えることにあります。自らが提案したプランで新郎新婦や参列者が喜んでもらえることに、充実感や達成感を得られます。結婚式を挙げるための準備は大変な労力が必要とされますが、その分たくさんの笑顔を提供できる仕事です。近年では結婚式場やホテルで行う一般的な結婚式だけでなく、レストランや海外のリゾート地などで挙げるユニークなスタイルも増えていて、式場選びや衣装の選択、式の演出が幅広くなってきています。

そのためアイデアを活かせるクリエイティブな側面もあり、企画力や想像力を活かした式を提案することができます。ウエディングプランナーは結婚式場やホテルをはじめ、様々な場所で力が求められるため、結婚式の需要が増える繁忙期のみの雇用など勤務形態を選べるのも魅力です。

ウエディングプランナー 無料相談

結婚指輪

ウエディングプランナーは、契約までは無料相談で応じてもらえるのがメリットです。相手も営業目的で接してきますが、本当に親身になってくれるウエディングプランナーは新郎新婦の意向を無視して契約を押し付けてくることはありません。

ただし、相談窓口対応のプランナーとその後結婚式の段取りをつけてくれる人は別の担当の可能性があるので、そのまま続けてお世話してくれるのかどうか確認しておいた方がいいです。

無料相談で対応してくれたウエディングプランナーが気に入ったからそのまま契約したという人が多いですが、実際に段取りをつけてくれるのは別の担当者で相性が悪かったという失敗例もあるので注意しましょう。

もしどうしても相性が悪いようであれば、直属の上司の方に相談すれば担当を変えてもらえる可能性もあります。話が進んでから担当の変更をお願いするとスケジュールに影響してくる可能性もあるので、早めに検討しましょう。

ちゃんと提案力があって、親身になって話を聞いてくれる人であれば良い結婚式に仕上げてくれる可能性が高いです。新郎新婦側からは自分たちの要望は漏らさず伝えて、良いアドバイスをもらって最高の1日になるようにしましょう。

ウェディングプランナー

ウエディングプランナー 提案するときの辛さ

花嫁たち

ウエディングプランナーは、結婚式を支える仕事だから楽しいことばかりと思っていませんか?ですがどのような仕事にも、楽しいと感じるメリットもあれば、反対にデメリットも存在しています。例えばウエディングプランナーの仕事において大変なポイントの1つに、カップルの要望に対処することです。

結婚式というのは、これから結婚するカップルにとって一生に一度の特別なものです。特別なものだからこそ、思い出に残る結婚式にしたいと多くのカップルが考えています。そのためウエディングプランナーが何らかの提案をしたとしても、気に入ってもらえず、なかなか結婚式のプランが決まらないこともあります。何度提案しても気に入ってもらえないと、それだけで仕事が嫌になってしまうかもしれません。

自分が一生懸命考えた案が否定されるということは、誰でも辛いのは同じことです。ですがカップルによって、要望や求めるものは異なるからこそ、同じような提案をしても気に入るカップルもいれば、そうではないカップルもいるのも当たり前のことです。そのようなカップルごとの違いを知って、違いに対応できるようになることで、一人前のウエディングプランナーを目指すことにつながります。

ウェディングケーキ