ウエディングプランナー メリットとデメリット

ウエディングプランナー 余興もサポート

子供

近ごろでは、プロフェッショナルなサービスを提供してくれるウエディングプランナーの人気が年々高まってきています。新郎新婦にとって人生最大の門出の1日を陰ながらバックアップしてくれる頼れる味方として親しまれています。会場選びから招待状作成、引き出物や二次会の事前準備まで、あらゆる手続きをスピーディーかつ正確に済ませてくれる手腕は、多くのカップルたちの間で絶大な信頼を寄せられているのです。

また、ウエディングプランナーに依頼するメリットとしては、オリジナリティあふれる個性的な結婚式を挙げることができる点にあります。他の人とは異なる演出や余興などを提案してくれますし、そのためのサポートも万全です。小物類の用意も抜かりなく行ってくれますので、心から安心して委ねることができると喜ばれています。とにかくなんでも気軽に相談しやすい雰囲気も、プランナーの魅力といえます。

予定

このように、大いに会場を盛り上がる余興プランにも精通しているウエディングプランナーは、欠かせない大切な存在として、幅広い新郎新婦からも選ばれているのです。これからも、結婚式を挙げるなら質の高いスタッフに任せたいと望む人はますます増えていくと見られています。

ウエディングプランナー 二次会

ウエディングプランナーには、結婚式をコーディネイトする役目を果たす業種なので、一人当たりの仕事量の負担が大きくなるデメリットがあります。その反面、挙式をあげたカップルはもちろん、カップルの親族や知人からも感謝されるメリットがあります。結婚式にまつわる雑務をこなしつつ、司会・進行にまで携わるウエディングプランナーの仕事が激務ゆえ、誰かに喜んでもらえると余計にうれしい側面があります。このことから、メリットとデメリットの両方を兼ねた仕事でありますが、それが表裏一体として表れることも度々あるものです。

結婚式には二次会が付き物と言われ、カップルの親族や知人の中からから幹事が選ばれることになります。実際、幹事によって二次会の進行を任せるケースが多いですが、ウエディングプランナーに助言を求める場面も遭遇します。助言には、二次会の進行に不可欠な段取りの取り方で、予算や会場・演出など多岐にわたります。幹事に選ばれる人は、カップルを楽しませるのが好きな方が率先する傾向にあるため、ウエディングプランナーとしては協力関係で事を進行するのがベストになります。また、幹事の人数は2人以上選ばれることが多く、お互いの意見をまとめて提案していくのも勤めになります。