ウエディングプランナー メリットとデメリット

2次会と3次会のセッティングもウエディングプランナーの仕事

出発

ウエディングプランナーの仕事は挙式や披露宴だけではありません。2次会や3次会での活躍も期待されるお仕事です。新郎新婦、両家にとって一生の思い出に残る結婚式、素敵な日にしたいと思うでしょう。

結婚式をトータルサポートするウエディングプランナーは主役の二人だけでなく、2次会や3次会の幹事とも話し合いの場を何度も設けます。披露宴までは二人の要望を主に取り入れていますが、2次会以降の枠組み以外は友人に任せる方も多いかと思います。そこでしっかりとプランナーさんと話を通しておかないと自分達のイメージと違ったり、様々なトラブルを起こしかねません。

まず重要なのは話をしっかりと聞いてくれているか。当然と思うかもしれませんが、話し合いの中で許可が下りない要望も出てきます。その際にどれほど寄り添って話を聞いてくれるかがとても重要です。
無理なものは通せない代わりにそれに近い提案をしてくれたり、別の方法を一緒に探してくれるか、もしも当日、予想していない事態に直面した際に代案を提示してくれる方だと安心して任せられます。

2次会ではドレスや会場の雰囲気など披露宴とのイメージと繋げて行うことも多いです。式の流れを把握しているプランナーさんだと披露宴で使用した曲や全体のテーマなども聞くことができます。幹事も忙しい新郎新婦に聞かずとも中間役となってくれる橋渡しがいると、お互いに伝え漏れなどもなく助かります。

ウエディングの仕事ではプロなので短い期間でどれぐらいの信頼を作れるかがキーポイントになっていきます。信頼できるプランナーさんと最高の時間を作っていきましょう。