ウエディングプランナー メリットとデメリット

ウエディングプランナー ゲストハウスの提案

衣装

新郎新婦の要望をもとに結婚式全体をプランニングするウエディングプランナーは、結婚式という特別なイベントを演出する華やかなイメージから人気の高い職業です。ウエディングコーディネート会社に勤めているのならば、ホテルや専門の式場に加え、レストランやゲストハウスなど、式場を提案してイメージに合った場所を提案するのもの仕事の一つです。

近年需要が増加しているのが、ゲストハウスを利用した結婚式です。海外にある豪華な邸宅のような一軒家を貸し切って行うため、ホテルなどの結婚式場と異なったオリジナリティのある披露宴を行うことができます。貸し切りなので花嫁同士が鉢合わせする心配がなく、敷地内を自由にのびのびと使うことが可能です。親しい友人を中心に招待して、パーティのような楽しい時間を過ごしたいという新郎新婦に支持されています。ガーデンやプールなどの施設を利用して、自由度の高い演出を行えるのも魅力です。

ウエディングプランナーは感動のある仕事ですが、責任が重大というデメリットがあります。さらに、時間をかけてプランニングを行っても、挙式までに新郎新婦の考えが変わり、新たに計画を練りなおす必要が出てくることも少なくありません。