ウエディングプランナー メリットとデメリット

ウエディングプランナーのドレスコード

ドレス

ウエディングプランナーとは、その名の通り結婚式の計画全般を行う職業です。新郎新婦からヒアリングを行い、希望通りの披露宴を行えるように司会者の用意や照明・BGMといった演出、衣装や招待状の手配など、様々な準備を行う必要があります。披露宴も親しい人たちだけを招きアットホームな雰囲気で行いたい、招待客を楽しませるユニークな披露宴にしたいなど、要望も幅広くなっています。想像力を働かせるクリエイティブな職場なので、自らのアイデアを実現できるメリットがあります。

職業によってドレスコードは異なりますが、一般的にウエディングプランナーにドレスコードはありません。しかし勤務先の結婚式場やウエディングコーディネート会社によって、独自のドレスコードが存在しているところもあるので注意しましょう。

最も、結婚式場という特別な場所で仕事を行うものの、ウエディングプランナーは接客業の一種です。結婚式には若い新郎新婦や近い年代の友人に限らず、両親や親類、勤め先の上司など幅広い年齢層が訪れるのが特徴です。そのような様々な年代の人が訪れる結婚式に立ち会うことも少なくいため、比較的フォーマルできちんとした服装が好まれます。