ウエディングプランナー メリットとデメリット

ウエディングプランナー 料理の準備

ウエディングで特に気を使いたいのが、料理です。結婚式に出席したことがあるゲストからのアンケートによると、料理の良し悪しでその結婚式の印象が変わるという結果が出ています。新郎新婦だけ盛り上がっていても、料理があまり美味しくない、お金がかかっていないものだと、ゲストとの温度差ができてしまいます。

しかし、新郎新婦はプロではありませんから、どんなものを用意すればいいのか困ってしまうこともあります。こんな時に頼りになるのがウエディングプランナーです。ウエディングプランナーは結婚式の段取りはもちろん、出して喜ばれる食べ物についても熟知しています。特に施設の専属プランナーであれば、過去に提供したものでどんなものが人気があったかを知っているので、詳しくアドバイスしてくれます。

自分たちであれこれ試食して選ぶのも楽しいですが、時間がないから急いで手配したいというカップルにとっては、ウエディングプランナーにだいたいの提案を聞けるのは大きなメリットです。もし新郎新婦の思い出の味など、特別用意したい食べ物があるのであれば、相談すればそれも手配してくれることもあります。もし提供するもので困っているのであれば、相談してみるといいでしょう。

ウエディングプランナー シャンパンの知識

料理

ウエディングプランナーは結婚式に携わる仕事なので、人に喜びや感動を与えることでやりがいを感じます。特に、挙式をあげたカップルの笑顔は格別なもので、このためだけに長年就いている方も少なくありません。一方、ウエディングプランナーの仕事にもデメリットは付きまとい、それは結婚式特有の問題に直面されるもの事ばかりです。

まず、結婚式は暦で言う大安に集中する傾向にあり、予定が集中して手が回らない事態に陥ります。そのため、仕事の責務がかさむどころか、病気時でも簡単に休ませてくれません。そして、最大のデメリットと言えば、「失敗は絶対に許されない」この点に尽きます。やはり、人生に一度の晴れ舞台であるため、ブライダル業界では失敗はご法度として認識する必要があります。

ウエディングプランナーには、結婚式で使用されるシャンパンに対する知識も備えておくことも要求されます。シャンパンはご存知の通り、発泡性のワインのことを指し、結婚式などの祝い事の乾杯には欠かせないものとなっています。シャンパンが注ぐ光景には、泡が絶え間なく湧き上がることから、「絶えない幸せ」として認識されるようになりました。他にも、幸せにまつわる話はいくらかありますが、最低限の知識として捉えておいても差し支えありません。

グラス